求人募集

一緒に働く仲間を募集しています!

 

建設現場の仕事はキツイけど

建設現場の作業員は、昔から、あまり好まれない仕事かもしれません。
暑い、寒い、きついというイメージで、年々、担い手が減っています。
2020年の東京オリンピックや、震災復興もあり、求人は増えているというのに、人気のない職業のようです。
実際にイメージ通り、夏の現場は日焼けで、真っ黒になります。
冬の現場は寒くて手がかじかみます。そんな中での、力仕事は、体力もいります。
土木の大学を卒業しても、就職先は、全く別の分野だったりということも多いようです。
実際に、僕も土木の大学を卒業後は、自動車の内装のデザインをしていました。
実家の家業でなければ、この仕事をしていなかったかもしれません。
でも、この仕事に就いて10年が過ぎ、今は地元の役にたてる仕事ができ、嬉しいです。

 

地元で役に立てる仕事だから

昔、皆でかくれんぼをした竹林がマンションになり、砂利道が、コンクリート舗装され、町も変わりました。
時代も変わり、今はどんな仕事も、きついし、大変だと思います。
僕らの仕事は、きつくて大変な事もありますが、自分達の関わった仕事で、町の人々の暮らしが良くなっていることが、いつも実感できます。
また、僕らにとって工事現場は懐かしい場所である事もが多いです。
この道や、あの河や、公園や、マンション、プールやパチンコ店。
そう、僕らが大人になるまでにお世話になった場所ばかりです。

 

「ありがとう」の言葉が嬉しくて

小学校の時の理科の先生と仕事で再会した時、先生が教頭になっていて驚きました。
懐かしいのと、恩返しの気持ちで、喜んで汗をかいて働きました。
先生からの「ありがとう」の言葉が、本当に嬉しかったです。
ヤンチャだった僕らを見守ってくれた先生の役にたてた事が、照れくさくもあり、嬉しくもありました。
田舎が嫌で、若い頃は横浜や東京に出て行く仲間も多いけど、地元はやっぱりいい!!と、僕は思っています。
地元のために働いて、いつか好きな車に(嫁に遠慮なく)乗れるくらい、稼ぎたいです。

 

関本建設工業は、一緒に働く仲間を募集しています!!

会社は、今はまだまだ小さいけれど、仲間を募集中です!!
社会保険加入。資格手当あり。
元ヤンチャ大歓迎。
ゆとり、さとり世代も歓迎です。
出産、子どもの参観日や行事がある日は、早退・休暇制度もあります。
会社所有アパートへの住居も相談可能です。
たまに、飲みに一緒に行ける人大歓迎です!!

 

関本建設工業

 

ページ上部へ戻る